スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエローストーン&グランド・ティートン

アメリカのパラダイス
イエローストーン & グランド・ティートン国立公園
Yellowstone & Grand Teton National Park
Montana, Idaho, and Wyoming


Yellow top 
アスペンの紅葉をバックに佇むブル・ムース
グランド・ティートン国立公園

アメリカの国立公園で一番好きなところは、イエローストーンだ。それにはいろんな理由がある。
先ずはじめに、1972年アメリカで最初に国立公園になったところで、もちろん世界でも第一号のナショナルパーク(国立公園)である。
近年巨大国アメリカは良きに悪しきにいろいろと批判を浴びるが、アメリカが一番誇りにしているのが、この国立公園である。
アメリカがこれまで世界中に輸出した中で一番有意義で、地球の未来を見据えた製品?で、この後国立公園は世界中に広まっていった。


22 のコピー
ラマー谷は黄金色に暮れて行く
イエローストーン国立公園


次にボクはアメリカに来てから新聞、雑誌の契約スポーツカメラマンとして生活して来た。しかし旅から旅のデッドラインに追いかけられる生活に心も身体もボロボロになりかけていた。そんな頃出会ったのがこのイエローストーン国立公園だった。
それまでにイエローストーン以外の国立公園はアリゾナ州のグランドキャニオンには行ったことがあったが、ここの観光客の混雑はスポーツ会場と余り変わりなくただ疲れただけだった。その時以来、とにかくあまり人のいないところに行きたかった

イエローストーン国立公園は、モンタナ、アイダホ、それにワイオミングの3州にまたがっている。そして南側にはロッキーのアルプス、グランド・ティートン国立公園とも隣接している。
いまから10数年前の初めての旅でボクは南のジャクソンホールでレンタカーしてイエローストーンへと北上した。
しかし「写真を撮るぞ!」と意気込んで来たのだったが全く思ったような絵を創ることができなかった。初めてのイエローストーンに惨めにノックアウトされたのである。この時の惨めさがボクを国立公園へとのめリ込ませる原因となった。
以後7年かけて米国全58カ所の国立公園を踏破した原動力となったところだ。


13 のコピー
リーダーを先頭に川を渡るバイソンの群れ
イエローストーン国立公園


それから、春夏秋冬の全ての季節にイエローストーンには出かけた。それぞれの季節に趣があるが、真冬のイエローストーンには完全に魅了されてしまった。マイナス20度を越す寒さの中で必死に生きる動物たちの姿が心に焼き付いた。その中でもオオカミに出会った興奮は忘れられない。
イエローストーンのオオカミは人間の虐殺により一度全滅したが、1995年と96年にカナダから連れてこられた灰色オオカミ31頭が放された。そして最盛期には公園内で190頭まで増えたが現在は170頭前後が確認されている。
オオカミの再導入によってイエローストーンの生態系はまた元の自然な状態に戻ったと言われるが、オオカミの復活を一番喜んでいるのはここを訪れる世界中からの観光客である。
オオカミは公園北東部の丘陵地帯にいくつもの縄張りをつくり生活している。冬期は公園内のほとんどの道路がクローズされるがこの北東部のクックシティに抜ける道路はオープンしているのでオオカミ好きな人たちには寒い冬は一番嬉しい季節でもある。


38 のコピー
プロングホーンの群れを見張る灰色オオカミ
イエローストーン国立公園


このオオカミたちのおかげでボクの旅はモンタナ州のボーズマンでレンタカーを借りて、北入り口に近いガーディナーのモーテルに泊まる事が多くなった。そして欲張って、南のグランド・ティートンまで足を伸ばす。
グランド・ティートンはティートン山脈を擁したロッキーの山と湖の美しい国立公園で、ここを流れるスネークリバー沿いの紅葉は息をのむ美しさである。
そしてこの近くはムース(ヘラジカ)が一番多い生息地になっている。
はたして10月初めのこの旅、アスペンの紅葉は今が盛りでボクは長年頭の中で描いていた美しい景色に心躍らせたのだった。
そしておまけにティートン山脈をバックに紅葉の中に佇む立派な角の雄のムースを見つけたのである。
メスのムースは頻繁に見かけるがこんな立派な角の雄は滅多に見かけない。
昼過ぎから粘ってつい夕日が沈む時間になり紅葉の照り返しで黄金に輝くムースを撮ることができた。


37 のコピー
集団で駆動するプロングホーン
イエローストーン国立公園


イエローストーンとグランド・ティートンの両公園はドライブするのにとても快適だ。南から北へ登ると高い山並みと湖が続き、イエローストーン側にはいると、8の字形のループが公園を走っている。間欠泉で有名なオールド・フェィスフルはロウアーループで、マンモス・ホット・スプリングスはアッパーループにある。1988年の山火事で焼けた森には若い木が生え山はまた新しく蘇った。ノリスからアッパーループに入りイエローストーン渓谷まで来ると山は雪になっていた。ここでは10月は紅葉と雪が一度にやって来る季節なのだ。


 25 のコピー
は繁殖の季節だ
イエローストーン国立公園

ボクはまたオオカミたちのテリトリー、ラマー・バレーに戻った。すると今度は多くの人たちが道路わきに車を止めて望遠鏡とカメラを構えていた。
オオカミが倒したバイソンを2頭のグリズリーが横取りしていたのだ。
遠すぎて写真には無理だったが望遠鏡ではその様子が十分楽しめた。
翌朝ラマー谷は深い霧になりその中を縫うようにバイソンの群れが移動してゆく。車を降りてトレイルを歩くと枯れた山ヨモギの柔らかな匂いがあたりを包んでいた。この匂いに包まれると自然と心が落ち着いて来る。そして一度だけ行ったアフリカの草原が蘇って来た。ここには象やライオンはいないがあの時のアフリカと同じ匂いがした。
それは人間のDNAの中に刻み込まれた遥か、遥か昔の懐かしい匂いかもしれない。
アメリカのパラダイス、イエローストーン!


3_20101030125331.jpg
テートン山脈をバックにオクスボウベンドの紅葉
グランド・ティートン国立公園





ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックして下さい。


スポンサーサイト

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カズさん

Author:カズさん



全米の国立公園全58カ所を踏破したカメラマンが、60歳を機にアメリカ探険に再挑戦。観光では行けない、大自然と野生動物たちとの出会い。そして故郷日本へ帰り日本の野生動物、心の風景そして祭りに感動、28年ぶりの「日本再発見」を紹介します。それぞれの作品はデジブックのスライドショーで楽しめます。



HPへはこちらから

カウンター
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
ワイオミング州の旅行情報
ワイオミング州の旅行情報> トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。
リンク
ご連絡はこちらから

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文をお書き下さい:

検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。