スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラスカ夏物語り-2

「アラスカ夏物語り Part-2 ・北に生きる動物たち」

alaska夏物語り


アンカレッジから南へ290マイル、アラスカ半島の付け根にあるのがカトマイ国立公園です。ここはコディアック島と並んでサケ漁で有名なグリズリーベアーの生息地です。夏場はどこへ行ってもクマ、クマで、ここでは人間よりもクマの方が優遇されています。7月になるとここの川に何万匹ものサケが上がってきます。そしてそれまで山の中にいたクマたちがこぞって川に集まりサケ漁をはじめます。ここのクマたちが一番活気に溢れる季節です。そこの東側(アンカレッジから130 マイル南)へ行くと海に落ち込む氷河で有名なキーナイフィーヨルド国立公園があり、温暖な気候と入り込んだ海岸線にはクジラを始めいろんな海の動物たちを見ることができます。今回は、他にも7カ所の国立公園を回り、北に住む動物たちを特集してみました。「アラスカ夏物語り Part-2 ・北に生きる動物たち」をデジブック、スライドショーでお楽しみください。




ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックして下さい。

test
スポンサーサイト

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カズさん

Author:カズさん



全米の国立公園全58カ所を踏破したカメラマンが、60歳を機にアメリカ探険に再挑戦。観光では行けない、大自然と野生動物たちとの出会い。そして故郷日本へ帰り日本の野生動物、心の風景そして祭りに感動、28年ぶりの「日本再発見」を紹介します。それぞれの作品はデジブックのスライドショーで楽しめます。



HPへはこちらから

カウンター
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
ワイオミング州の旅行情報
ワイオミング州の旅行情報> トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。
リンク
ご連絡はこちらから

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文をお書き下さい:

検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。