スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南大平洋のパラダイス

アメリカ領サモア国立公園
American Samoa NP, American Samoa

AS-2.jpg

パンゴパンゴの空港に降り立つと篠突くような雨の出迎えにあった。狭いターミナルは人で溢れかえり、到着便の乗客の何倍かの人たちがホノルルから来る週2便の定期便を迎えに来ていた。人波をかき分けて、やっとの思いでタクシーをつかまえ予約していたモーテルの名前を告げると、運転手はバックミラーでちらりと一瞥しただけで無言で走り出した。    
ボクはとたんに不安になった。初めての土地で、人相のよくない大男の運転手に真っ暗な雨の夜。沈黙はますます不安をつのらせる。何か共通の話題を探した。サモア、イコール、大男、イコール相撲取り。曙、小錦、それに知っている限りのサモア出身のプロレスラーの名前を列挙すると、運転手は初めて笑顔で答えてきた。なんとその笑顔の人なつこいことか。いらぬ不安は一掃した。  
さてモーテルに着いたものの今度は受け付けにはだれもいなかった。運転手も手伝ってあたりを探すが相変わらず人の気配はない。途方に暮れているとカウンターの裏側のコンクリートの土間で人のうめき声みたいなのが聞こえてきた。のぞくと大きなからだの女が寝転がっていた。さては物盗りーーー?身体が緊張でこわばった。しかしうめき声と勘違いしたのはたんなるいびきだった。彼女は飛行機が到着して予約客が到着するまでの一時を仮眠と決め込んだのだったが、うっかり寝込んでしまったのだった。  
女は頭をボリボリ掻きながら大きく伸びをするとこれまたこぼれるような笑顔をくれた。この人たちのなんと明け広げで大らかなことか。初めてのサモアは飾らない裸の姿でボクを迎えてくれた。    

AS-16.jpg AS-13.jpg

5つの火山島と2つの珊瑚島からなるアメリカ領サモアはフィジーやトンガ、タヒチ島などの南太平洋の中の一つ、ハワイから2,600マイル南西に位置し、飛行機で5時間半かかる。季節は10月から5月の暑い雨季と6月から9月の少し涼しい乾季の2つしかない。人口は一番大きな島ツツイラに約6万人近くが集中しており、高温多湿の自然に育まれ人も植物もすくすくと大きく育つ。サモア出身の相撲やレスラーが強いのは生まれつきの素質に恵まれたもので、ここでは男も女もびっくりするほど大きかった。

AS-10.jpg AS-29.jpg    

アメリカ領サモアは50年にわたるアメリカ海軍の統治から1951年にアメリカ領となり、人々の間ではいまやサモア語よりも英語の方が共通語となりつつある。島のあちこちには第2次大戦での日本軍の攻撃に備えて砲台が作られ今もその残骸が波打ち際に残っているが、同胞の日本人兵士がすぐそこまで攻めてきたのだと思うとボクの心に痛みが走った。ツツイラとオフ、タウの3島の美しい海岸線や熱帯雨林、それにコーラルリーフの海岸がアメリカの国立公園に制定されたのは1993年とまだ新しい。しかしこれらの場所には九つの村がありそれぞれに人々が住んでいて、アメリカ国立公園局はこれらの村から50年契約で土地を借りるという他に例のない国立公園を制定した。    

AS-23.jpg AS-21.jpg

パンゴパンゴのダウンタウンを抜けてアウアの村から山道を登ると行き当たりがバチアの村だった。この村は全体が国立公園の中に入っておりそのはずれには昔からトネさん一家が住んでいた。  家の真ん前には国立公園の看板が立てられたが、彼らにとってはあまり意味がないようだった。ここを訪れる観光客はめったにいないし、奥さんのスルさんは毎日5人の子供の世話をしながらいつものように椰の幹に洗濯物を干していた。サモアの人口は過去20年間で倍増したといわれる通りこの村も子たくさんで嬌声をあげ裸足で走り回る子供達がいた。  
トネさんの家は屋根と床だけで壁はなかった。家の中は外から丸見えで部屋のまん中には自慢のカラーテレビが置いてあった。    

家の前庭を抜けると深く樹木が茂った熱帯雨林の小道が続き、それを抜けると山が直接海に落ち込んだ切り立った断崖になった。南太平洋の荒波が岩肌を削り取り白煙をあげている。ボクは夕日の写真を撮るために毎日ここに通ったがこの季節は雨ばかりで太陽は雲の中から姿を出さなかった。写真をあきらめてバチアの村に佇み村びとの遊びを眺めた。 夕方になると大人も子供もネコの額ほどの広場に集まりバレーボールが始まった。  この人たちを見ていると私達人間にとって何が大切なのか考えさせられる。バチアの人たちには我々に比べ近代社会の物質的な豊かさはないが、心の豊かさがあった。そして人をもて なす暖かさがあった。

AS-13.jpg AS-14.jpg
   
サモアでの最後の日を迎え、束の間の晴れ間を縫って小型機でオフ島へ飛んだ。雲の隙間から国立公園になっている白い砂浜が見える。この島はサモアでも一番美しい珊瑚礁のビーチといわれている。オフ島はオロセガ島と橋で結ばれ3百名余り住民が住んでいるだけでツツイラみたいな喧騒はなく、まさに南太平洋のパラダイスだった。  
ビーチを歩いていると若い漁師の男とであった。男は17才ながら2人の父親だった。彼は叔母さんがやっているという民宿に案内してくれた。宿の前は珊瑚のビーチで男は得意の投げ網で魚を捕ってみせた。捕れた魚は色鮮やかなトロピカルフィッシュばかりだったが、すぐに叔母さんのローカル風味付けでボク達は舌鼓をうったのである。
昔から多くの船乗りがサモアの女たちの情にほだされここに住み着いたという。ボクにはその気持ちが良く分った。   

AS-27.jpg AS-18.jpg AS-1.jpg



行き方: National Park Visitor Center (684-633-7082), www.nps.gov/npsa/home.htm American Samoa Office of Tourism (684-633-1091), www.samoanet.com ホノルルからパンゴパンゴまで月、金の週2回ハワイアンエアーライン(800-367-5250)の定期便が飛んでいる。_ホテル:パンゴパンゴでは空港のそばに出来たばかりのTrade winds Quality Inn(684-699-1000)が便利。その他ではRain-maker Hotel(684-633-4241)、Pago Airport Inn(684-699-6333)島民の足は乗り合いバスとタクシーだがレンタカーがあると便利 :Avis(684-699-4408)* 要注意:ダウンタウンには野生化した野良犬がたむろして他所もの(観光客)に襲い掛かるので気をつけること。 オフ島(Ofu Island)ヘはInter Island(684-699-7100)でパゴパゴから30分のフライト。ここはサモアでも一番美しい珊瑚礁のビーチがある。Tutuilaと違い人も少なく南太平洋の自然を満喫出来る。宿泊は:Becka & Al Laolagi(684-655-1164)


ブログランキングに参加しています。クリックして下さい。
スポンサーサイト

テーマ : 南の島
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カズさん

Author:カズさん



全米の国立公園全58カ所を踏破したカメラマンが、60歳を機にアメリカ探険に再挑戦。観光では行けない、大自然と野生動物たちとの出会い。そして故郷日本へ帰り日本の野生動物、心の風景そして祭りに感動、28年ぶりの「日本再発見」を紹介します。それぞれの作品はデジブックのスライドショーで楽しめます。



HPへはこちらから

カウンター
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
ワイオミング州の旅行情報
ワイオミング州の旅行情報> トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。
リンク
ご連絡はこちらから

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文をお書き下さい:

検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。