スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リオグランデ川の露天風呂

ビッグベンド国立公園、テキサス州
Big Bend National Park, Texas




  
チソス山脈の夕暮れ


エルパソから国道10号線を東へ、そして90号線に入ると道路と平行してユニオンパシフィック鉄道が走っている。果てしなく続く荒野を長い貨車を引いた貨物列車と平行して走っていると、時間に追われて慌ただしく過ぎ行く現実をしばし忘れさせてくれる。列車は思い出したように時たま汽笛を鳴らし、それは一人旅のボクに「人生は長い、ゆっくり行こうぜ」と語りかけているようだった。


BB-15.jpg

荒野を走るユニオンパシフィックの貨物列車  


IMG_5114.jpg

荒野に何処までものびる文明の明かり


(写真をクリックすると大きくなります)

アメリカで2番目に大きな州テキサス(一番はアラスカ)。その南端にあるビッグベンド国立公園は、広大で、そして遠い。一番近い空港エルパソからでも320マイル(512キロ)、サンアントニオからだと400マイル(640キロ)、朝早く車で出発してもまる一日はかかるワイルド・ビッグ ウエストだ。


BB-18.jpg

風車は放牧されている牛が水飲みに来る目印



この国立公園はメキシコと国境を接し、その境界線のチソス山脈をえぐるようにリオ・グランデ川が流れている。その東側、リオグランデ・ビレッジの遥か後方にはシエラ・デル・カルメンが高そびえている。夕暮れ時になると、ビレッジの近くにキャンプする人たちはこぞって外に出て来る。夕陽に染まる山脈を見るためだ。まるで野外劇場に観客が集まって来るように、人々は陽が沈むのを黙って待っている。茶褐色の大地は時間とともに赤く染まりやがて最後の太陽に焼き尽くされて、闇に消えて行く。

 IMG_5313.jpg
暮れ行くシエラ・デル・カルメン山脈


滔々と流れるリオグランデ川の河原に露天風呂があった。その昔ここが国立公園になる前、マラリヤにかかったある金持ちが病気療養のためにここに小さな小屋を建て、湧き出る温泉をせき止めてこの露天風呂を作ったという。ここはキャンプ場の近くに位置しているために、今ではキャンパーたちにとっての最高の憩いの場になっている。陽が傾きかけると人びとは三々五々集まり、小さなお風呂は満杯になった。


BB-28.jpg  BB-21.jpg

リオ・グランデ川とシエラ・デル・カルメン山脈


ボクは混雑を避けて日が沈んでから一人で露天風呂にやって来た。暗くなってから来たのはもう一つ理由がある。昼間入るには水着が必要で、うっかり忘れてしまったからだった。はるばるここまで来て温泉に入らずに帰ったら後で後悔するだろう。人影が消えた露天風呂には闇がただよい、ここで一人裸になるには少し恐怖がよぎったが、しかし疲れ切った身体には闇の恐怖より温泉の湯の魅力の方が勝った。汚れた衣服を岩の上に脱ぎ一人お湯に入った。


BB-22.jpg

IMG_5279.jpg

川岸に作られた露天風呂



思い入れが叶い、湯につかるととたんに疲れが押し寄せてきた。今まさに自然と一体になれた喜びに浸っている。体中の細胞が解きほぐされるような心地よさに包まれた。
そしてリオ・グランデ川の水音が子守唄歌に変わり、いつの間にうとうととしまったのだろうか、目を上げると降るような星が満天に煌めいていた。うっすらと暗闇に目を凝らすと向こう岸に、野生馬の一群が水を飲みに下りて来ていた。ボクは彼らに気づかれないように、深々とまた湯の中に沈んだ。彼らを驚かしてこの心地よい静寂を破りたくなかった。


BB-13.jpg



ここにはいくつものトレイル(登山道)があるがボクはチソス山の朝日を見るためにロストマイン・トレイルに登った。ここの山頂までは7325フィート(約2233メートル)、登山道の始発点から片道2時間の道程だ。
サウスリムに射す朝日に間に合うためには、もちろん真っ暗なうちに出発しなければならない。いつものことながらペンライトの明かりを頼りに登る初めての山道では、ちょっとした風のざわめきにも恐怖心があおられる。途中まで来たとき一人で上って来た若いレンジャーに追いつかれた。彼女も朝日を見るために早起きしたという。



BB-5.jpg   IMG_5255.jpg

バランスロック地区のキノコ岩



山頂に着くとうっすらとモヤに煙るサウスリムの稜線を朝日が照らし始めた。休む間もなくカメラをセットし凍える指先を息で暖めながらシャッターを押した。この一瞬のために長い時間をかけて登ってきたのだ。山に来て一番美しいひと時、そして幸せになれるひと時。
ボクはまた一つ、新しい山と友達になることができた。


BB-12.jpg

チソス山の日の出



行き方:
一番近い空港はエルパソでここから車で500キロ余の距離でたっぷり1日がかりのドライブになる。
公園の近くの町はマラソン(Marathon) アルパイン(Alpine)があるのでここで1泊するのも懸命だ。
公園内には宿泊施設はチソス・マウンティン・ロッジ http://www.nationalparkreservations.com/bigbend.htm (1-866-875-8456)
が一軒だけなのでシーズン中は予約が絶対必要だ。ここのビジターセンターで食料の調達も出来るが、予備の水、ガソリンには特に注意する。
この公園からメキシコ州に通じる道路が何カ所かあるが、絶対に国境を越えないようにように注意する。
公園から西に外れるとゴーストタウンなどもあり、ワイルド・ウエストの魅力に溢れている。


最後まで読まれた方はお手数でもクリック御願いします。


スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カズさん

Author:カズさん



全米の国立公園全58カ所を踏破したカメラマンが、60歳を機にアメリカ探険に再挑戦。観光では行けない、大自然と野生動物たちとの出会い。そして故郷日本へ帰り日本の野生動物、心の風景そして祭りに感動、28年ぶりの「日本再発見」を紹介します。それぞれの作品はデジブックのスライドショーで楽しめます。



HPへはこちらから

カウンター
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
ワイオミング州の旅行情報
ワイオミング州の旅行情報> トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。
リンク
ご連絡はこちらから

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文をお書き下さい:

検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。