スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーロラの下で・極北の動物たち

Digibook オーロラの下で・極北の動物たち


9月、白夜が終わると入れ替わるように極北の地に短い秋がやって来ます。 ツンドラの原野が一面に真っ赤な絨毯に覆われるのは見事です。
 カナダのイエローナイフから、セスナをチャータして、ノースウエスト準州とヌナヴット州にまたがるセローン野生動物保護地区までとびました。
狙いはカリブーの大群でしたが、風向きが違いカリブーの群れは別のルートを旅していて一匹も見当たりませんでした。そのかわりジャコウ牛の群れに出会い、これを追いかけてなんとか写真に収めました。
そしてもうすっかり有名になったハドソン湾のチャーチルへ、10月から11月になり湾が氷に覆われるとポーラーベアーがアザラシ漁に出かけるほんのひと時をここですごします。
 “オーロラの下で”繰り広げられる極北に住む動物たちの微笑ましい営みをお楽しみください。

 

Polar-37.jpg


 







最後まで読まれた方はここをクリックして下さい
スポンサーサイト

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このところ 次々と写真集を送っていただきまして、毎日のように少しずつ拝見しています。又 友達を誘って一緒に楽しんでいます。
特に DENALI  NP, イエローナイフ、マウント.レーニエにはいったことがありますので、カズさんの写真への取り組みが如何に凄いか感じています。
”オーロラの下で”のDIGI BOOKではオーロラの美しさをこれ以上ないように撮っています。私が行ったのは最もオーロラが見やすい2月でしたが3日間の滞在でこれ程ではありませんでした。テントの明かりをいれてあるのはすごくおしゃれですね。
白熊の生態をカズさんの目が優しく捕えていて心が癒されるます。他の動物たちも含めてカズさんが一緒に自然に溶け込んでいるようです。すばらしい写真集をありがとうございました。

初めまして!

素晴らしい大自然のアルバムを見せて頂きました!
温暖化により白熊の生息域が狭くなっていると聞いています。
どんな小さなことでも温暖化ストップになる事は誰もが実践しなければ
ならないと思っています。すぐに出来るノーレジ袋やMy箸を持ち歩くことなら
すぐにでも始められます。
私事でが、最近個人宛に出したメールを何人もに転送されたりと、嫌な事があったのですが
この大地で一生懸命暮らす動物たちを見ていると そんな馬鹿な事をやる人を相手にしていても
仕方ない事に気付かされました。
「オーロラの下で」を見せて頂き、ありがとうございました!

No title

雄大な景色の中のシロクマ親子は愛らしくて抱きつきたくなっちゃいますね(襲われますね、、)
秋の赤とカラフルなオーロラ、そして真っ白な雪が何とも地球を感じさせてくれました。
プロフィール

カズさん

Author:カズさん



全米の国立公園全58カ所を踏破したカメラマンが、60歳を機にアメリカ探険に再挑戦。観光では行けない、大自然と野生動物たちとの出会い。そして故郷日本へ帰り日本の野生動物、心の風景そして祭りに感動、28年ぶりの「日本再発見」を紹介します。それぞれの作品はデジブックのスライドショーで楽しめます。



HPへはこちらから

カウンター
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
ワイオミング州の旅行情報
ワイオミング州の旅行情報> トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。
リンク
ご連絡はこちらから

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文をお書き下さい:

検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。