スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クマさーん

「クマさーん !」
ビンス シューティー野生動物保護区 、オー、ミネソタ
Vince Shute Wildlife Sanctuary in Orr, Minnesota



5C3EC3ECEA53483C.jpg
母親と子供はいつも一緒



まだ明け切らない早い夏の朝、うっそうと茂った森の中からクマたちがのそりのそりと起き出して、いつもの原っぱに集まってきた。大きなクマに、小さなクマ、母子グマに、年寄りグマ。その数なんと70頭あまりが、原っぱのすみに建っている小さな小屋から人々が起き出すのを待っている。やがて6時、ボランティアの人たちが餌をバケツに起きてくるとクマたちは一斉に立ち上がり近寄って行く。まるで腹を空かせた家畜たちが飼い主にすり寄って行くようなそんな人間社会のありふれた景色を見るようだが、しかし彼らはあくまで野生のクマたちだ。



_MG_1617.jpg

母親は常に周囲に気を配る



ここはミネソタ州北部の山の中。ミネアポリスから車で5時間半、ボイジャー国立公園まで約30分のオー(Orr)にあるビンス・シューティー野生動物保護区だ。人間社会においてクマは凶暴で、何かと問題をおかす厄介ものの代名詞の一つだが、しかしこれほど愛されるキャラクターもいない。野生のクマを見てみたい? しかしどこに行けば見られるのだろうか? ビンス・シューティ野生動物保護区にはこんなクマ好きの人たちの希望を叶えさせる人間と野生のクマとの友情の世界があった。

DACB9A532836447E.jpg

いたずら盛りの3兄弟

 

ミネソタの”クマお爺さん”ことビンス・シューティーのことを聞いたのは彼が他界した後だった。ビンス・シューティーはこの森の中に一人で住み、ここに生息する80頭あまりのクマたちに餌付けして共存し、現在の野生動物保護区の基を作り上げた人物だ。ビンスはオーのとなり村グリーニ−で生まれ育った生涯木こりの男だった。森の中しか知らない彼は1941年に現在の土地に小さな小屋を建てて一人で移り住んだ。しかしそこはブラックベア−のテリトリーでもあった。小さな小屋はクマたちにたびたび壊された。ビンスはそれに銃で応戦した。ビンスもはじめはクマを怖がるふつうの人間だったのだ。しかしある時ふと気付いた。「クマは決して意地悪な動物ではない。ただ腹が減っているだけなのだ」そして小屋の外に食べ物を置くとクマたちは以後悪さをしなくなった。ビンスはクマたちのために村へおりて行って毎日食料の調達を始めた。そしてビンスとクマたちの友情関係が芽生えて行ったのである。



_MG_1658.jpg   Black-02.jpg

 

ある時、銃で撃たれて大怪我をしたクマが迷い込んできた。ビンスはこのクマに毎日チキンスープとアスピリンを与えて介護した。やがて命をとり止めたクマはブラウニ−と名付けられ、ビンスの一番の親友となった。ビンスが昼寝をする時はこのブラウニ−がいつも腕まくらをしたという。以来ビンスは”クマお爺さん”として地方の人気者になり、評判を聞いたクマ好きの人たちが集まるようになった。

しかし木こりで鍛えた頑強なビンスだったが寄る年並には逆らえなくなっていた。自分の人生が終わりに近い事を察したビンスの悩みは自分の事よりクマたちに対して深刻になって行った。「もし私が死んでこのクマたちに餌をやる人間がいなくなったら、彼らは民家の近くにさまよい出てトラブルを起こすようになるだろう」。 これを知った動物カメラマンのビル・リ−と妻のクレア−が中心になってビンスのクマを救う運動を起こした。そして1995年、非営利団体のThe American Bear Associationが誕生したのである。

 

Black-43tif.jpg

 授乳の時間


その年の冬倒れたビンスはオーにある介護施設に入院したが、彼の意志を受け継いだアメリカン・ベア−・アソシエーションは、ビンスの土地を野生動物保護区に申請し、ボランティアを募ってクマたちの餌付けを継続して行っていった。ボランティアの輪は大きく膨らみ若い動物学者の卵たちも夏休みを利用してインターンとして働くようになった。そしてクマ見学に訪れる人たちも増大して行った。その安全対策に見学用のプラットフォームを作ったり、クマを本当の意味で理解するための運動を広めて行った。


5C824B390DB2411E.jpg
一般客はプラットフォームから見学


クマたちはあくまで野生の生き物で人間との交流には一線を引かねばならない。エプロン姿で朝早くから、日が沈むまで休みなく働くクレア−は、「やることが多すぎてとても人手が足りないのです。ここの人気が出て来るのはいい事ですけど、1日500名の見学者が来ると、パーキングやその他の対応に時間をとられてしまう。ここの運営はすべてが寄付で賄われている。もっと多くのクマ好きの人たちにボランティア−に参加して欲しい」と呼び掛ける。「しかしクマたちの幸せそうな姿を見ていると、こんな疲れも一気に吹き飛んでしまう」とすぐに笑いかえした。

 

D582564C8A5042E3.jpg

食べられるだけ食べてお腹が地面に届きそうなバート



ビンス・シュ−ティーは2000年、7月4日、独立記念日に86才で静かに息をひきとった。その日ビンスの古い小屋の周りには、森中のクマたちが集まって来たという。きっとクマたちには、ビンスの死がわかったのだろう。そして火葬にされたビンスの灰は、彼が一番愛した森の中にまかれた。夏の終わりのおそい午後、なにも知らない今年生まれた小熊達が母親のそばで遊んでいた。身体の一番大きいバートと呼ばれる雄グマは、もうすぐ来る冬眠に備え、食べるだけ食べて、膨らんだお腹が地面に付きそうになっている。賑わったクマたちの季節はもうすぐ、秋風とともに終わりをむかえる。




Vince Shute
Vince Shute 1914-2000

 


The American Bear Association
P.O.Box 77, Orr, Minnesota 55771
Phone: 218-757-0172
Email: bears@americanbear.org
http://www.americanbear.org/

 

Orr.jpg 

 

サンクチャリーが開いているのは、5月のメモリアルデイから9月4日のレイバーデイまで。 月曜日はクローズ、一般客は夕方5時から8時までプラットフォームの上からのみ見学出来る。
入場料:大人$7、子供$3。 その他営業用の写真撮影、ムービー撮影は別料金で予約制、事前にクマに対する知識のレクチャーを受ける必要がある。

 行き方:ミネアポリスから35Wを北へクロケットからステートロード33をさらに20マイル、US Highway 53を北へ焼く70マイルでOrr(オー)に着く。 オーに着いたらモーテルとガソリンスタンドがあるので、ここでサンクチャリーまでの道順をもう一度聞いた方が無難である。

 

最後まで読まれた方はここをクリックして下さい

スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

熊というと何か獰猛な 動物という感じがしますが、
写真で見る限りでは、仲のよい家族のように思えます。

野性ですから幾ら可愛く感じても一定の距離以上に近づけば
危険何でしょうが、カズさんの写した熊の表情を見ていると
愛くるしさが、写真一面に広がって来ます。
動物園で見る熊とはまるっきり違いますね。
プロフィール

カズさん

Author:カズさん



全米の国立公園全58カ所を踏破したカメラマンが、60歳を機にアメリカ探険に再挑戦。観光では行けない、大自然と野生動物たちとの出会い。そして故郷日本へ帰り日本の野生動物、心の風景そして祭りに感動、28年ぶりの「日本再発見」を紹介します。それぞれの作品はデジブックのスライドショーで楽しめます。



HPへはこちらから

カウンター
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
ワイオミング州の旅行情報
ワイオミング州の旅行情報> トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。
リンク
ご連絡はこちらから

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文をお書き下さい:

検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。