スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロッキー・マウンテン秋日和

グランド・ティートン国立公園(ワイオミング州)
Grand Teton National Park, Wyoming


G Teton
映画「シェーン」の最後のシーンの撮影跡は今でも見ることができる


青く輝く夏は遠くに過ぎ去った9月のグランド・ティートン国立公園。朝には初霜が下り、黄金色の秋も駆け足で通り過ぎようとしていた。しかし、冬を迎えるにはまだ早い、季節の変わり目のほんの短い穏やかなときがそこにはあった。バックパックを枕に日溜まりにしばし身をゆだねると、頬に吹く風が心地よかった。先ほどまで歩いてきた丘陵はすでに紫色に変わり、短い秋の日ざしはなぜか旅の心を急がせる。 「ウィーィイインーーー」「ウィーィイインーーー」とブルエルク(雄シカ)の嘶(いなな)きが穏やかな空気を切り裂き、遠く谷間に響きはじめると、つるべ落としに秋の日は落ちて行く。それまで必死に枝にしがみついていたアスペンの最後の葉が風に飛ばされた。明日はこの風も木枯らしに変わるのだろうか。ロッキーマウンテン、つかの間の秋日和。



G Teton G Teton G Teton G Teton

カメラマンの人気スポット:
9月も末になるとアスペン(白樺)の林は黄色く色付き、ロッキーの山々に短い秋がやってくる。この季節はカメラマンにとって最高の時期だ。紅葉の人気スポットには、毎年各地から有名無名のカメラマンが押し寄せ、中にはキャンピングカーで移動する人たちもいる。ボクは紅葉を追って南のグランド・ティートン国立公園から、北のイエローストーン国立公園へとドライブするのが好きだ。ジャクソンホールでレンタカーして北上すると、左手にグランド・ティートン山脈があらわれ、その手前にあるスネーク・リバーの川沿いでは色付いたアスペンの葉が、まるで黄色いインクを流したかのような鮮やかさで出迎えてくれるのだ。




G Teton


このスネーク・リバー沿いにビーバーの池を見つけたのは数年前の秋だった。川に続く細い道シュワバッカー・ランディングを下ると、川辺にはビーバーが小川をせき止めて作った小さな池がいくつも出来ていて、朝日に反射したグランド・ティートンの山頂を撮るのに絶好の場所だった。そして翌年、同じ場所を訪れてみたら、ビーバー池はカメラマンたちの人気スポットとなっていた。多くのカメラマンとともに夢中になってビーバーたちにカメラを向けると、彼らは干ばつで水量の少なくなった池で相変わらずせっせと小枝を運んで働いていた。ビーバーは日中はどこかで休んでいて、日暮れどきから行動する。鋭い歯で小枝を切り取り、池にダムや家を作る愛嬌者のビーバーたちと日の暮れるのも忘れて過ごした秋の一日だった。



G Teton

自然の中のハーレム王
10月になると低い山にも初霜が下り、2~3日ごとに寒暖を繰り返しながら季節が移って行く。そして、初霜を合図のように、夏の間深い山中にいたエルクの群れが、ふもとに下りてくる。短い秋はブルエルクにとって忙しい季節だ。それぞれがメスの群れを引き連れてハーレムをつくり行動する。オス1頭につき3~4頭、多いのになると20頭ものメスを連れているのもいる。もちろん、多くの群れを引き連れているオスは、それだけ強い証拠だ。若いオスが、この群れるメスを横取りしようと脇からちょっかいを出すと、そのたびに角を立てての戦いが始まる。 ハーレムの王にとって一番大切なのは、自分の種族の保存。そのために彼らは可能なかぎり交尾する。ブルエルク達はこの時期、忙しくて食べることもままならない。ぜい肉がそげ、ひときわ逞しい野性のその姿は朝日に輝き強く美しかった。

G Teton

G Teton



G Teton G Teton




ロッキー・マウンテンの旅の終わりは、グランド・ティートンの北に位置するイエローストーン国立公園のマンモス・ホットスプリングスまで北上し、公園に湧き出る天然の露天風呂で締めくくるのがよい。ここら辺一帯は豊富な温泉が湧いているがイエローストーン・リバーまで降りると、立ち上る蒸気と温泉の硫黄のにおいが疲れた心にホッとした安らぎを与えてくれる。もちろん更衣室などはない、近くの岩陰で汚れた衣類を脱ぎ、川の温泉につかると気分はもう天国だ。ただし、ここの露天風呂は川原の石を集めてせき止めただけの本当に素朴なものだから、熱い温泉と冷たい川の水が混じり合う適当な暖かさのポイントを探して浸らなければならない。それでも天然の温泉の温もりは何ものにも代えがたい。昼過ぎには近くのキャンプ場のキャンパーたちが三々五々露天風呂に集まり、自慢の旅談議に花が咲く。ロッキー・マウンテン、つかの間の秋日和。


G Teton



グランド・ティートン国立公園 www.nps.gov/grte

■ 行き方:
最寄りの空港はワイオミング州のジャクソン・ホール空港、アイダホ州のアイダホ・フォールズ空港、ユタ州のソルトレイクシティ国際空港。ゲートシティーはワイオミング州ジャクソン・ホール。最寄り空港のジャクソン・ホール空港でレンタカーするのが最も簡単だが、ソルトレイクシティやアイダホ州のアイダホ・フォールズやポカテロからシャトルバスも走っている。ジャクソンの町にはモーテルやレストラン、アウトドア・ショップが揃っているので、旅の支度はここでも出z来る。夏期はジャクソンから、グランド・ティートンとイエローストーン国立公園を回るツアーバスが出ているので、不便だが車がなくても回れる。

 ■ 入園料:車1台につき25ドル(グランド・ティートンとイエローストーン共通で7日間有効)。自転車1台、あるいは1人につき12ドル。バイク1台につき20ドル。冬期(12月中旬~4月30日)は1日5ドル(グランド・ティートンのみ)。 ■ 宿泊施設:グランド・ティートン近くの宿泊は、
National Park  Reservation
www.nationalparkreservations.com/grandteton.htm、Tel:866-875-8456、Tel:406-862-8190)で一括して行っている。

■ この公園は、北側にあるイエローストーン国立公園と隣接しているので、車で両方の公園を回るのが一番のおススメ。年中雪をかぶったティートン山脈と湖に生息する動物たちを見るには少なくとも2~3日は滞在したい。

公園を南北に縦断しているのがジャクソン・ホール・ハイウエーで、このハイウエーに沿うようにくねくねと流れるのがスネーク・リバーだ。公園内にはいくつもの湖があるが、最大のジャクソン・レイクとジェニー・レイクが有名。湖の側にはそれぞれロッジがあるので、そこに泊まれば美しい風景を満喫できる。

グランド・ティートンの特徴の一つは、エルク(ヘラジカ)が多いこと。水辺の近くではどこでも見ることができるが、公園の外、空港から少し南側の川のあたりには親子づれがうようよいる。ただし、子連れの母親は凶暴で追いかけてくるので、近づくのは要注意。 撮影スポットはたくさんあって紹介しきれないが、ボクが一番好きな場所は、オックスボウ・ベンド。この湖に映る朝日に輝くティートン山脈は筆舌に尽くし難い。

もう一つ、往年の名画「シェーン」(1953年)のラストシーンを飾った場所が、公園南口のムース・ジャンクションの近くから少し東に入ったところにある。映画を彷彿とさせる古い丸太小屋を今でもティートン山脈が見下ろしている。


ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。
少し大きい文字
スポンサーサイト

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

okiさん訪問有り難う。

Okiさん
訪問ありがとう。
今週末からカリフォルニアです。
次の旅行記楽しみにしていて下さい。
カズ

No title

ロッキー マウンテン秋日和
歓喜の季節と同じくすばらしい写真とコメントを楽しませていただきました。
その場所の楽しみ方、行き方のガイド欄は利用者側にわかりやすく親切に記されています。これを頼りに出かける人が増えるのではないでしょうか。
プロフィール

カズさん

Author:カズさん



全米の国立公園全58カ所を踏破したカメラマンが、60歳を機にアメリカ探険に再挑戦。観光では行けない、大自然と野生動物たちとの出会い。そして故郷日本へ帰り日本の野生動物、心の風景そして祭りに感動、28年ぶりの「日本再発見」を紹介します。それぞれの作品はデジブックのスライドショーで楽しめます。



HPへはこちらから

カウンター
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
ワイオミング州の旅行情報
ワイオミング州の旅行情報> トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。
リンク
ご連絡はこちらから

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文をお書き下さい:

検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。