スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽へ続く道

グレイシャー国立公園 (世界遺産、世界平和公園)
モンタナ州、カナダ・アルバータ州

 Glacier National Park (World Heritage site and World peace park)、Montana and Alberta, Canada



Glacia



モンタナ州ビリングスの町でモーテルをチェックアウトすると、カウンターにいたカウボーイハットのおやじが顔中に笑みを浮かべて話しかけてきた。「これからどっちへ行くんだい?」 「グレイシャー国立公園までだ」と答えると、親切に地図を広げて行き方を教えてくれた。「おれも一度だけ行ったことがある。公園に着いたら絶対にGoing to the Sun Road(太陽への道)をドライブしろよ。あそこはモンタナが誇る世界一の絶景だから」


Glacia


太陽に手が届きそうな道 
国道90号線を一路、西へ。モンタナの空は高く青く澄んでいた。カーラジオのカントリー・ウエスタンのスイッチを切り、モンタナ出身のピアニスト、ジョージ・ウィンストンのCDに変えた。ちょっと物悲しいピアノの音がその風景にぴったりだった。しかし、遥か彼方の地平線に黒い雲が現れたと思うや、瞬く間に雨脚が視界を遮り車のフロントガラスを叩いた。ミゾーラから北へさらに2時間、ゲートシティーのウエスト・グレイシャーに着いた時には、雨はすっかり上がり、きれいな虹が歓迎してくれた。  グレイシャー国立公園はカナダ、アルバータ州のウォータートン国立公園と国境を接しており、2つの公園は両方の名を取って「ウォータートン=グレイシャー国立公園」と呼ばれる、世界初の国際平和公園*となり、1995年にはユネスコの世界遺産にも指定されている。(*自然保護のために指定された公園で、国境をまたいだものも多い)



Glacia


Going to the Sun Roadは、西側のマクドナルド・レイクと東側のセントメリー・レイクをつないで公園を横断する、急な山肌を切り開いた全長50マイルの道路で、高度を増すに従って手付かずの氷河の山々がすぐ目の前に迫ってくる。まるで太陽に届きそうな高さを登りきると、大陸分水嶺と出会うローガン・パス(2025メートル)を頂点に下りになる。氷河に被われた山々と大小様々な湖が織りなす風景は、まさに「アメリカのアルプス」の呼び名がぴったりする、息を飲む美しさだ。  ローガン・パスでひと休みして雪の残るトレイルを歩くと、崖っぷちで白い毛が半分抜け始めた哀れな姿のマウンテン・ゴートに出会った。長い厳しい冬が終わり、春の訪れを知らせるこの脱毛だが、その姿は見るだけで可哀想になり写真を撮るのをやめた。


Glacia


豪華な滞在のはずが…  
今回の旅では、カナダ側のウォータートン国立公園にある有名なプリンス・ウェールズ・ホテルに泊まることにしていた。「今夜は早めにチェックインして豪華な気分を味わうことにしよう」と決めていたのだが、カナダに入る前に少しだけメニー・グレイシャーのトレイルを歩くと、欲が出てきて頂上のアイスバーグ・レイクまで一気に登ってみることにした。8キロの道のりだから往復しても日が暮れるまで十分時間はあるだろうと簡単に考えていたが、大間違いだった。ベアーグラスや黄色い可憐なグレイシャー・ユリに目を奪われ、立ち止まってはシャッターを押し続けていると、山の天気はまたも急変して、雨雲が広がってきた。それまでのピクニック気分から、とにかく先を急ぐだけのハイキングになった。やっと辿り着いたアイスバーグ・レイクは、6月だというのに深い雪に覆われており、冷たい雨が降り出した。直ぐに引き返し、やっとのことで車まで辿り着いた時には全身ずぶ濡れだった。




Glacia


次は、カナダへ入国する際の税関でトラブルにあった。グレイシャー国立公園からカナダのウォータートン国立公園へは国境の税関を通過しなければならないが、公園から一番近い税関は夜10時に閉まることを知らなかった。実際には10時少し前に到着したのだが、ボクのほかに人相のあまり良くないオートバイの3人連れがほぼ同時に到着した。カナダの税関士はボクたちを見て冷たく言い捨てた。「残念だけどここは通れない。閉門時間の10分前までに書類審査を終えなければならないんだ」。ボクたちは11時まで開いている別の税関へ向かわされた。結局100マイルも遠回りして、ホテルに着いた時には真夜中になろうとしていた。豪華なホテルで美味しいディナーをエンジョイするはずが、空腹と疲れで昼食の残りの固くなったサンドイッチをワインで胃の中に流し込むと、そのままベッドに倒れ込んだ。


Glacia


トレイルでの再会
 
雲一つなく晴れ上がった翌朝は、強い朝日に目が覚めた。眠い目をこすりながらホテルが全望できる丘に登ると、白い霧が幻想的に古城を包んでいた。野生の花畑の向こうに雪を冠った山々が見え、岩陰から花を持ったチップモンク(シマリス)が現れ、チョコンと挨拶した。花の甘い香りに鳥のさえずり、春真っ盛りだった。  カナダ側には1日間滞在しただけでアメリカ側に戻り,セント・マリー湖の朝日を撮るために連泊、そして今度は逆にGoing to the Sun Roadを東から西へと帰途に着いた。ローガン・パスで車を止めてもう一度トレイルを歩いてみると、最初の日に見たマウンテン・ゴートがまた目にとまった。しかし、今度は一頭ではなかった。まっ白い毛皮に覆われた赤ん坊を連れていたのだ。ボクと会った後、すぐにこの子を生んだのか、それともどこかに隠していたのか? 真っ白でぬいぐるみのような子供は、逞しい足でしっかりと母親について歩いていた。愛くるしいその姿に自然と「おめでとう!」の言葉がついて出た。母親はあの日ボクが写真を撮らなかったのを覚えていたのか、今度はシャッターを押すまで子供と一緒にポーズをとって待ってくれた。雪どけの“太陽に続く道”を何台もの車が登り下りして行く。グレイシャー国立公園の忙しい夏が始まろうとしていた。



Glacia

Glacia

グレイシャー国立公園 www.nps.gov/glac/

■行き方:モンタナ州から入る方が一般的だが、カナダのカルガリーからも入れる。モンタナからは、公園の西20マイルに位置するカリスペルのグレイシャー・パーク国際空港でレンタカーを借りるのが一番近道(シャトルバス・サービスもある)。シカゴとシアトルを結ぶアムトラックが、イースト・グレイシャー、ウエスト・グレイシャーの両駅に停まり、そこからシャトルバスも走っている。ホテルやモーテルは園内外に多いが、人気のあるところは早めの予約が必要。

 ■入園料:自動車1台につき25ドル。自転車、自動車、徒歩で入園する人は1人につき15ドル。(両方とも10月末までの価格。7日間有効)

 * 宿泊施設:多くのホテルはグレイシャー・パーク社(www.glacierparkinc.com、Tel:602-207-6000)が運営しており、一括して予約を受けてくれる。 * Glacier Park Hotel:イースト・グレイシャー駅前、園内観光の拠点。(129~200ドル) * Lake McDonald Lodge:公園の西口、マクドナルド湖の湖岸にある静かな環境。キャンプ場も近くにある。(114~160ドル)
 * Many Glacier Hotel:湖のほとりに建つ、園内最大のスイス風ホテル。(135~255ドル) * Swiftcurrent Moter Inn:メニーグレイシャーロードの突き当たりのお手頃価格のロッジ、風呂なしキャビンもある。(60~130ドル)
 * Prince of Wales Hotel:カナダ側のウォータートン公園にあり、美しさもロケーションもナンバーワン。一度は泊まってみたくなるホテル。湖を臨む洒落たレストランやテニス場、ゴルフコースもある。(179~799ドル)
* 公園内には3か所(Apgar, Logan Pass, and St. Mary)のビジターセンターがあり、いろんなツアーがあるので、自分のスケジュールに合わせてパークレンジャーに相談してみよう。車で回っても十分堪能できるが、氷河の山を見ながらのハイキングは格別だ。


ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。
  •  
スポンサーサイト

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カズさん

Author:カズさん



全米の国立公園全58カ所を踏破したカメラマンが、60歳を機にアメリカ探険に再挑戦。観光では行けない、大自然と野生動物たちとの出会い。そして故郷日本へ帰り日本の野生動物、心の風景そして祭りに感動、28年ぶりの「日本再発見」を紹介します。それぞれの作品はデジブックのスライドショーで楽しめます。



HPへはこちらから

カウンター
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
ワイオミング州の旅行情報
ワイオミング州の旅行情報> トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。
リンク
ご連絡はこちらから

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文をお書き下さい:

検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。