スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤシの木の下でキャンプ

エバグレーズ国立公園(世界遺産),フロリダ州
Everglades National Park, Florida



Everglads



マイアミの北西部、メキシコ湾と接するエバグレイズ国立公園はその大部分を湿地帯で占める、米国でも特異な国立公園だ。オキチョビ湖を水源に、300種を超える鳥、動物類、700種にも及ぶ植物類が生息するという。その中には絶滅種に指定されている、フロリダパンサー、マナティ、それにミドリウミガメなども含まれている。 エバグレイズほど水の影響を多く受ける公園も少ない。その年の降雨量によって公園の様子はガラッと変わってくる。昨年は水不足で干涸びていた池も今年は雨が多く満々と水をたたえ、昨年見られなかった鳥や動物たちが帰ってきた。 しかし人口370万の都市マイアミと接し、冬場は観光客で膨れ上がる近郊都市も含め、オキチョビ湖からの水はエバグレイズに到着する前に枝分かれし、人間たちの生活のために吸い取られてしまうのが現状である。国立公園の入り口まで広がる農地と年々大きく広がる住宅群。自然を保護するか、人間の生活を優先するか、エバグレイズの存亡に警鐘を鳴らす人たちは数多い。



Everglads



ボクがフロリダに住みだしてから十年が過ぎた。 鹿児島県の小さな島で育ったボクにとって、フロリダは気候的に似通っているから住みやすい。そして近くにはエバグレイズ国立公園がある。ボクは冬場ここでキャンプするのが好きだ。フロリダの気候は大きくわけて冬の乾季と夏の雨季しかないが、夏場は雨と高温、それに蚊の大襲撃に悩まされる。しかし、冬場は湿度が少なく暖かくとても心地よい。 公園の一番奥手、フラミンゴにはキャンプ場があり、ボクは小さなテントを一つ持って、海の近くのヤシの木の下のお好みの場所を確保する。



Everglads  Everglads Everglads Everglads



ここのキャンプ場の主はラクーン(アライグマ)だ。彼らは昼間はどこかで寝ていて夜になると活動を始める。毎晩鼻をクンクン鳴らしながら、頭をかじられるのではないかと思われるくらい、餌を探してテントの近くを徘徊する。そしてさわさわと草を踏み締める無気味な足音に目を覚ますと、今度は3メートルもあるワニがテントのそばを横切って海の中に消えて行ったりする。闇夜で見るワニは目がサーチライトみたいに光りとても不気味だ。 テントでのキャンプにはいつもハプニングがつきまとい、乾いたベッドでは味わえない自然との触れ合いがある。


Everglads  


ラクーンたちが餌を諦めてキャンプ地を離れると、もうエバグレイズに早い朝がやってくる。キャンプ場から歩いて行けるエコーポンドは鳥たちの宝庫で、陽が昇らないうちからバードウオッチャーたちが双眼鏡片手に歩き回っている。鳥たちの中で一番の早起きは、クーツ(オオバン)の仲間だ。鋭い鳴き声であたりの静寂を破ると、池のまん中に生えるマングローブの木に鈴生りになって寝ていたホワイトアイビスが群れをなして飛び立ち始める。そしてヘローンに、ペリカン、スプーンビルと、餌を求めて公園中の鳥たちの一日が始まるのである。


Everglads

池の端の一番高い松の枝には毎年鷹が巣を作る。今年も2匹が仲良く寄り添っていた。彼らの狩猟地はこのエコーポンドの周りで、油断した小さな鳥に素早く舞い降りて鋭いツメを立てる。鷹が獲物を狙って精神を集中している時はカメラマンにとってはシャッターチャンスだ。彼らは人間をあまり怖がらないので至近距離まで近付けるのである。 その朝クローズアップで狙っていた鷹の姿が一瞬ファインダーから消えると、水辺で激しい泣き声が起こった。早起きのクーツががっちりと鷹のツメに押さえられてもがいていた。しかしざわめきはほんの一瞬だけで、エコーポンドはすぐにまたいつもの静けさをとり戻した。こんな平和そうな池にも、野性の弱肉強食の掟があった



Everglads Everglads Everglads Everglads


Everglads



エバグレイズ国立公園
Everglades National Park:4001 State Road 9336, Homestead, FL 33034-6733 (TEL. 305-242-7700)http://www.nps.gov/ever/

最寄りの空港はマイアミ空港で公園まで約50マイル、フォートローダデル空港だと約65マイルで行ける。公園へは
(1) 国道41号線から入る北側のシャークバレービジターセンター、
(2) エバグレイズシティーのガルフコーストビジターセンター、
(3) 南側のゲートシティー、ホームステッドから入るメインビジターセンターの3か所に分かれているが、車で中まで入れて一番人気があるのは③の南側のメインビジターセンターだ。

最南端のフラミンゴビジターセンターにはレストランとモーテル、ボートのマリーナがあるが、2005年のハリケーン”ウィルマ”の被害でロッジや,レストランはまだ閉鎖されたままである。食料の調達はグロッサリーストアーで出来る。
入園料$10、フラミンゴにあるキャンプ場は1日$16。

キャンプ場の予約は上記の国立公園の電話番号で受け付けている。とにかく蚊と雨が多いので、虫よけスプレーと雨具を忘れないこと。キャンプする時は食料をラクーンに取られないように保管場所に気をつける。ここのラクーンは頭がよくて、バッグのジッパーを開けて食料だけ失敬するツワモノもいる。


ブログランキングに参加しています。クリックして下さい。
スポンサーサイト

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カズさん

Author:カズさん



全米の国立公園全58カ所を踏破したカメラマンが、60歳を機にアメリカ探険に再挑戦。観光では行けない、大自然と野生動物たちとの出会い。そして故郷日本へ帰り日本の野生動物、心の風景そして祭りに感動、28年ぶりの「日本再発見」を紹介します。それぞれの作品はデジブックのスライドショーで楽しめます。



HPへはこちらから

カウンター
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
ワイオミング州の旅行情報
ワイオミング州の旅行情報> トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。
リンク
ご連絡はこちらから

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文をお書き下さい:

検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。