スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューオーリンズのマリグラ

デキシーランドジャズやシーフードで有名なニューオーリンズでは毎年2月に行われるマリグラが最大のお祭りです。
マリグラ(Mardi Gras)はフランス文化が広まったもので、キリスト教の祝日イースター(4月第2日曜日)の40日前の1週間が人々が仮装して飲めや踊れの大騒ぎをします。
この40日前の日を"Fat Tuesday"と呼び、この日が過ぎると人々は戒律を守り粗食をしてイースターを迎えるのです。
アメリカ南部ではニューオーリンズを中心にこのお祭りが繰り広げられます。

ちょっと日本のお盆のお祭りを思いますが、このニューオーリンズのマリグラはそんな日本のお盆のお祭りみたいに行儀よくありません。フレンチクォーターの狭い一角に10万人以上の人々が毎日仮装して集まり 嬌声を発し飲んだくれます。
お巡りさんもこの週だけは少々のことでは眼をつむっていますが、火曜日の夜の(ファット・チューズディ)午前0時を過ぎると今度は容赦なく酔っぱらいを町から追い払います。
アメリカ人の大らかさとパワーを感じるお祭りでした。
ちなみにニューオーリンズは、2005年8月ハリケーン・カトリーナで壊滅的被害を受けました。



You-Tubeで動画をお楽しみください。
http://www.youtube.com/watch?v=eGgZlvcJsD0&feature=plcp&context=C3e60ea1UDOEgsToPDskJWc7gt5eQnDDBXBR0KdGKe




スポンサーサイト

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

秩父夜祭


秩父夜祭
埼玉県秩父市 (12月2-3日)


chichibu-01.jpg 







デジブックでスライドショーをお楽しみください。
今年もまたグリーティングカードをおくる季節になってしまいました。
本当いうとこの季節は大嫌いなのです。とにかく忙しいのに他の行事も多くて気がめいってしまいます。
でもそんなこと言っていられないので、時差ぼけに悩まされながらカードを作っているところです。
時差ぼけは先週“秩父夜祭”へ行ったためですが、
昨年はじめて挑戦したのですが雨のためにあの豪華な笠鉾の写真が撮れずに今年はもう諦めていたところ友人が宿を見つけてくれて再挑戦しました。
日本三大曳山まつりの一つ、期間中20万人とも言われる人が押し掛けるこの祭りもまた宿を見つけるのが至難の業なのです。
幸い友人が見つけてくれたのは、秩父駅から少し離れた親鼻(オヤハナ)という町にある小さな温泉付きの竜谷閣(りゅうがいかく)という民宿でした。


宿に着いてびっくりしたのは、玄関から廊下までびっしりと皇室の写真が飾ってあったことです。こんなところに(失礼)皇室の方がお越になられたのだろうか?と写真をしげしげと見つめていると、宿のおばさんが「これ私が撮ったんだ」と笑いながら話しかけて来ました。

「私仕事の合間に皇室の追っかけやってるの」なるほどここにある写真は新聞や雑誌のそれとはどこかが違っているのに気がついていました。
天皇陛皇后両陛下が手を振っておられるその顔にはつくった笑いでなく本当の親しみのある笑いなのです。
芸能人の追っかけは知っていたが皇室のそれは知らなかった。
おばちゃんは60最近くなってから追っかけを始めたという。その為に写真も見よう真似で始めたという。
最近は望遠レンズも買って写真がもっとうまくなったと自慢げに話してくれたが、しかし側で御主人が黙って話を聞いていて突然言い出した。「ワシが何を言ってもダメだからもうやるようにさせているんです。でもアッシィーさせられるのは大嫌いなんですけどね」。
大人しい御主人だが、二人で苦労して民宿をここまでやって来て、これから奥さんに少しは人生を楽しませてやりたいという思いやりが感じられた。
こんな夫婦っていいなと思った。
そしてわざわざアメリカくんだりから来たというカメラマンのボクにおばちゃんは自分が撮ったお気に入りの一枚と来年度の皇室カレンダーをプレゼントしてくれたのです。
「アメリカからカメラマンが来るというので心配していたんだよ、日本語が通じるかと思ってね」
おばちゃんが写したこの天皇陛皇后両陛下の写真はボクの宝物になるだろう。

さて秩父夜祭り、今年は昼前から雨も上がり予想していたその人出の多さには驚きました。その人込みをかき分けての撮影はとにかく重労働でした。
そして「今年はどうしても笠鉾と花火の一緒の写真が撮りたい」と、その一念が実って秩父観光協会に頼み込んでお旅所に入れるパスをもらうことができました。このパスでこの広場に入れなかったら最後の笠鉾(かさほこ)と花火の写真は撮れないのです。
重さ20トンもある笠鉾が団子坂を老いも若きも協力してみんなの力で押し上げられて行く、それを見ていると最近よく耳にする「弱くなった日本人」のイメージは消えて行きました。
これだけ一致団結する力があれば「日本はまだまだ大丈夫だ!」
外国に長く住んでいると こんな姿を見ると涙が出るほど嬉しいのです。

昨年行った青森ねぶた祭の花火も美しかったが、この秩父夜祭もボクに忘れられない思い出を作ってくれました。
諦めずに来てよかった。そしてそれを手助けしてくれた数少ない日本の友人たちに感謝!

そしてもう一度、
Season Greeting’s
日本の平和と皆様のご多幸をお祈りしております。

カズ・タカハシ

Chichibu-22.jpg
秩父神社でおはらいを受ける中近(なかちか)笠鉾



Chichibu-24.jpg
重さ5トンもある下郷(したごう)の笠鉾



Chichibu-12.jpg  Chichibu-16.jpg

子供歌舞伎の主人公たち(クリックすると大きくなります)



Chichibu-25.jpg
狭い道で2基の笠鉾がもみ合い


Chichibu-26.jpg 
人ごみをかき分けながらすすむ中近(なかちか)の笠鉾

Chichibu-30.jpg
団子坂を引き上げられる下郷(下郷)の笠鉾

Chichibu-44.jpg
お旅所に到着した笠鉾の上に花火が散る



Chichibu-45.jpg
6基の笠鉾と屋台が勢揃い



<a target="_blank" href="http://blogranking.fc2.com/in.php?id=434618">ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックして下さい。<img alt="" style="border-width: 0px;" src="http://blogranking.fc2.com/ranking_banner/a_01.gif" /></a>

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

博多祇園山笠 2009

山笠  


暑中お見舞い申し上げます。

 7月は博多の祇園山笠の取材に行って来ました。ちょうど梅雨明け前でその暑かった事。そのあと各地で豪雨があったとの事で、被災にあわれた方にはお悔やみ申し上げます。 フロリダに帰りこちらも30度を超える暑さですが、夕方には夕立が来てあとは大分涼しくなります。 博多祇園山笠ではいろんな方のおかげで櫛田神社の桟敷席に入ることができ、おかげでよい写真が撮れました。有り難うございました。ひとまずお祭りの写真は私のホームページにアップしましたのでご高覧ください。
http://kaz-photography.com/



 
今回は初めてデジタルブックを作って見ました。こちらはインターネットからアクセスして写真集感覚でスライドショーが見れます。博多祇園山笠の興奮をデジタル写真集でお楽しみください。
http://www.digibook.net/q/1JWhMZSEczAWzqXD/

皆さんお元気で。


ブログランキングに参加しています。クリックして下さい。

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

プロフィール

カズさん

Author:カズさん



全米の国立公園全58カ所を踏破したカメラマンが、60歳を機にアメリカ探険に再挑戦。観光では行けない、大自然と野生動物たちとの出会い。そして故郷日本へ帰り日本の野生動物、心の風景そして祭りに感動、28年ぶりの「日本再発見」を紹介します。それぞれの作品はデジブックのスライドショーで楽しめます。



HPへはこちらから

カウンター
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
ワイオミング州の旅行情報
ワイオミング州の旅行情報> トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。
リンク
ご連絡はこちらから

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文をお書き下さい:

検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。